長野県須坂市の不動産業者です。長野県北信地方の不動産情報・須坂市・小布施町・高山村・中野・飯山・菅平・飯綱・黒姫・斑尾・その他北信地方全域
 賃貸アパート・マンション・賃貸一戸建て・賃貸業務用・駐車場・売り土地(分譲地・宅地・畑・田・工場用地)・売り建物(新築・中古住宅・業務用)・リゾート物件(別荘・ペンション)


  不動産の事なら ■(株)高原開発■ へ お問い合わせ下さい         >>>English Here<<<

 宅地建物取引業免許  長野県知事(12)第1139号    一般建設業・一般土木工事業許可  長野県知事(般−24)第7553号
 〒382-0076 長野県須坂市馬場町1230-48 高原開発ビル1F   電話:026-245-7516 FAX:026-248-1218


    ホーム物件検索無料情報配信登録情報ブログ会社案内個人情報保護相互リンクお問合せ不動産ブログ

  【■不動産屋の個人的雑談&日記ブログ■-いじめについて】

<< 前のページ

2006年11月16日(木) 20:54

■いじめに対して教育委員会は無力・・・

長野県において、各市町村の教育委員会が独自にいじめについて調査を始めているようだ。
ニュースによれば、松本市で40数件のいじめが報告されたそうだ・・・正直言って、あまりの少なさに愕然としてしまう。
これだけいじめが問題になって、再調査をしても、その程度の数字しか出てこない。
松本市の小・中学校の学級数は幾つあるのだろうか・・・
基本的にいじめの定義を『他人が不快に思うからかい』まで下げたとすれば、それは絶対に全部のクラスにいじめは有るという事になるし、各クラスでいじめに有っているのは1人や2人で済む訳が無い。
私はPTA会長の前に学級会長を2回やっているが、2回とも『いじめ』は有って、いじめられた子は1人は短期・もう1人は長期にわたって学校を休んだ。
PTAの学級会長や先生が『うちのクラスにはいじめが無い』と言うのなら、それは単に表面に出ていないだけだと思う。
そんな状態でも当時の高山村の教育委員長は『当村には全くいじめも無く、周りの市町村からは羨ましがられる位理想的な教育となっている』なんて平気で保護者の前で挨拶をしていた。

幾ら教育委員会がアンケート調査しても、本当は全く無意味だと思う。各クラスに1人づつ教育委員会から出向してきて、毎日朝から晩まで見ているのなら別だけれど?
それが駄目なら、最低各校に毎日出て来て、各クラスを視察するだけでも良いのだが?
アンケートを取るって言っても、生徒1人づつのアンケートを直接学校に出向いて取らなければ、全く意味はないし、正確な数字が出る訳がない。

教育委員会の教育長(教育委員長とは違う)を筆頭とする事務局は、各役場の職員が行っている。
つまり、市町村の職員な訳だ。これは文科省が官僚・県の教育委員会の事務局が県職なのと同じで、誤解を承知で言うと事なかれ主義の役人がやっているに過ぎない。
それも、俺が知る限り、教育現場になんて全く顔は出した事が無い。ほとんどお客さん状態なのだ。それで『いじめ』についての実態なんて知っている訳が無い。県はもっと知らないし、文科省に至っては知っている方が不思議だと思う。

いじめを処理できない無力な弱い先生は、校長会で誰も引き取り手が無く、過疎地の田舎に飛ばされるだけ・・・だから先生も隠したがる。これは校長会による先生のいじめとも取れる。
校長も耳に入っても担当の先生を責めるだけ・・・そして何処かの校長に至っては自殺してしまうお粗末さと来たもんだ。校長自身がマスコミ程度のいじめに潰されてしまうと言う不甲斐なさだ。
教育委員会は事件がおきてはじめて大騒ぎして校長を責める。いじめに関しては教育委員会はこれ以上ない程頼り無い組織だと思う。ある意味校長をいじめているだけだ。
あまり言うと、俺のおじさんが教育長だったからマズイとは思うが・・・でもいじめに関してはねぇ・・・そんなもんだと思う。
いじめなんて事の定義を下げていったら、教育界だってみんなで組織をバックにして自分より立場の弱い者をいじめ合っているに過ぎない。

本当に必要なのは、保護者特に父親達と先生の連系だ。力を併せていじめを沈静化する事だ。
教育委員会がアンケートを取ったって無意味だし、県が電話相談窓口で月に20件〜40件程度の電話を受けても、それは氷山の一角にしか過ぎない。まぁ全く何もやらないよりは良いのだけれど・・・根本的な解決になるとはとても思えない。
単位PTAも本会では無くて、学級会長会の充実と各学級会の充実が必要だと思う。はっきり言うと各クラスのいじめの実態はPTA会長をはじめとする本会の三役にはほとんど知らされていない。もっと他の問題も有るし、各クラスの対応まではとても手が回らない。
これは校長が各クラスにまで中々手が回らないのと一緒だし、教育委員会がいじめの現場まで手が回らないのと一緒だ。
だから・・・教育委員会や文科省では駄目なんだし手が回る訳も無い。

先生は各クラス担任の意識改革が必要だ。
『いじめはなくそうと思えば無くせる』
つまり、やる気になれば出来ると言う自己暗示を先生に植え付ける必要が有る。そして、言葉は悪いが『いじわるバァさん』達には絶対に負けないで欲しい。保護者でもこの『いじわるバァさん』達のグループには要注意なのだ。
自信を持って対応できる先生になって欲しい。
そして、その為には父親達の協力が必要なのだと思う。

hide0414をフォローしましょう
▼ランキング・人気投票・・・ご協力お願いします-(願)
Nagano Web RankingChamaSearch高原開発・長野県北信地方の不動産 に投票する人気サイト

written by kogen [いじめについて] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(3)] [トラックバック(0)

この記事へのトラックバックPingURL
 http://kogen.biz/msm/ms.cgi/TrackBack/1/zatsudan/ijime/1163678095 

2006年11月16日(木) 17:31

■『居場所を下さい』愛と涙の密着1000日と言う番組

本当に良かったです。実にタイムリーだったかも知れない。子供の姿・実態を良く表していたし、それに一生懸命取り組む3人の男達・・・
あの3人の共通点は、子供を一生懸命怒る事。そして自分もすべてをさらけ出している事。あれが父親像なのだと思う。
あの番組みて、やはり自殺する子は親・特に父親が駄目なんだと言う事を再認識した。父親が子供に対して真剣に向き合っていれば、少なくとも自殺はしないだろう。
子供にとっては、親は唯一無二の存在なんだよね。親の代わりは絶対にいない。でも、あの番組の『かけこみ寺』の和尚さんは、父親代わりを一生懸命やっている。
世の中の父親が、あの和尚さんの様であれば、自殺する子供なんていないだろう。自殺する愚かさにも気付くだろう。
あの番組に比較したら、報道番組なんてただの茶番劇に見えてしまう。
あの番組を見ると、問題児と言うのは、如何に親に責任が有るのかも、はっきりと解る。良し悪しに関わらず、子供に無関心な親の駄目さ加減がはっきりと出ていた。
今の子供達は、親の愛に飢えているのかも知れない。昔は親が駄目でもおじいちゃん・おばあちゃんがいた。子供の面倒を親の代わりに見てくれた。
それが核家族化で、おじうちゃん・おばあちゃんが同居していない。これも子供達にとっては不幸なのかも知れない。

うちは家族7人で生活している。俺や奥さんが駄目人間でも、それをサポートしてくれる、おじいちゃん・おばあちゃんがいる。実はこれがもの凄く大切なのだと思う。誰かが子供達を見ている訳なんだよね。家に帰っても淋しさを感じないで済むのだと思う。
やはり家族と言うのは大切だ。それはあの番組を見ていてもヒシヒシと伝わってきた。
絶対に、もう一度保護者は自分自身を見つめ治す必要が有る。子供が本当に困っている時のサインを見逃さない事が如何に大切なのかと言う事を知るべきだと思う。
約束を破ったり、非常識な行動の時は叱るべきだし、本当に困っている時は救ってやるべなのだ。
それは、全て親がやらなければいけないと言う事を、自覚すべきだと思う。絶対に学校のせいにしてはいけない。教育委員会のせいにしてはいけない。文部省のせいにしてはいけない。
文部省のせいにするから・・・子供は文部省に救いの手紙さえ出してしまう。それはその親が信用出来ない事の裏返しなんだと思う。

hide0414をフォローしましょう
▼ランキング・人気投票・・・ご協力お願いします-(願)
Nagano Web RankingChamaSearch高原開発・長野県北信地方の不動産 に投票する人気サイト

written by kogen [いじめについて] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [トラックバック(0)

この記事へのトラックバックPingURL
 http://kogen.biz/msm/ms.cgi/TrackBack/1/zatsudan/ijime/1163665905 

2006年11月7日(火) 18:10

文科大臣への手紙について

あの手紙が愉快犯で無い事を祈りつつ、俺の意見を述べます。
本当にいじめにあっている本人だとすれば、やはりあのような手段しか取れなかったのか、かなり疑問を感じてしまう。自殺予告して、彼には何のメリットが有るというのだろうか・・・自殺を止めて欲しいと思っている?いじめを止めて欲しいと思っている?だとすれば、あのような手段はやはり納得しかねる。

特に両親に相談しても『がまんしろ』と言って何もしてくれないと言う様な内容が有ったが、それは事実なのかも知れないし、それこそが一番問題なのではないだろうか?
先生や学校が何もしてくれないのは、はっきり言って仕方ないとしても・・・?
でも両親が何もしてくれないのは、やはり一番の問題だ。そういう親に限って、子供が自殺すると学校のせいにしたがると思う。

そして、自殺は悪い事だと非難する必要性は絶対に有る。
親・兄弟・親戚・友人・・・周りに与える影響が大き過ぎる。田舎であれば、兄弟の結婚にも必ず影響を与える。古い考えかも知れないが、自分1人の問題では無いのだ。自殺する場所によっては、その所有者の不動産の価値を著しく損なう。自殺した場所は、精神的瑕疵と言って傷物になってしまうのだ。自宅で自殺したとすれば、その自宅はかなり価値が下がってしまう。他人の所有する物件で自殺した場合は、もっと悪い・・・大きな迷惑をかけると言う事になる。電車に飛び込もうものなら・・・親はかなりの損害賠償を支払うはめになる。

俺は、けっして自殺しても可愛そうだなんて思わない。
世間も自殺した子供を徹底的に非難すべきだと思う。決してヒーローなんかじゃないし、死んでからも非難され続ける・・・だから自殺は悪い事なんだ。
子供には、小さい時から良く言い聞かせるべきだと思う。
『ほら、みてご覧、ああいうふうに自殺する前に良く、親に相談するんだよ』
と言い聞かせるべきだと思う。
いじめは実際に何処にでもある事なんだから、自殺によって逃げる事をブームにしてはいけない。
それと決して、親は相談された時『我慢しろ』とは言ってはいけない。
先生の内、半分以上は何もしてくれないと思った方が良い。

俺は教員免許を持っている。当然教育実習も行った。
でも、身の程を知っているから教員試験は受けなかった。
先生の中には、公務員が収入が安定したているから・・・と言う程度の考えで先生になっている人も大勢いるはずだと思う。
だって考えてもみて下さいよ・・・大卒から3年程度の25歳位で担任になる人もいるんだよ。
うちの息子が24歳ですよ。それと同年の先生だっている訳ですよ。
まだ、物事の良し悪しも解らない程度の子供みたいな先生もいますよ。そりゃ〜
某国立大の教育学部の教室やトイレに行ってご覧なさいよ・・・
机やトイレの落書きなんて・・・ほとんど子供の落書きだよ。
そんなのが先生になるんだよ・・・期待する方が無理?と思っちゃいますよ。
だって、クラスにいじめが起きると本当にノイローゼ状態になっちゃう若い先生だって沢山いるんですよ。

せめて、親だけでもしっかりしなきゃ駄目だと思いますよ。
子供の話を聞いてやらなきゃ〜
大臣に手紙を遅らせちゃあ〜いけません。親として失格でしょ〜
と言っていたら、俺の子供だったりして・・・それだけは勘弁してくれよ!
その前に俺に言ってくれ!頼むから・・・

hide0414をフォローしましょう
▼ランキング・人気投票・・・ご協力お願いします-(願)
Nagano Web RankingChamaSearch高原開発・長野県北信地方の不動産 に投票する人気サイト

written by kogen [いじめについて] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [トラックバック(0)

この記事へのトラックバックPingURL
 http://kogen.biz/msm/ms.cgi/TrackBack/1/zatsudan/ijime/1162890617 

2006年11月5日(日) 20:00

■いじめは最小単位で考えるべき・・・

いじめと言うのは、そのいじめが起こっている最小単位の集団で対応すべきだ。
これは、じっさいに『いじめ』を沈静化してきた経験から間違い無い。部活で起こったのであれば、その部活の中の問題なのだ。クラスで起こったのであれば、そのクラスの問題なのだ。その集団の生徒同士や管理者たる先生が解決できないのであれば、父兄や上司に相談して協力して行くだけの事だ。それ以上でも以下でも無い。マニュアルも無い。マスコミや世間の大きな勘違いは、学校長や教育委員会、さらには文部省の問題ととらえている。これは大きな勘違いだし、それでいじめが無くなる事は100%無い。
良く考えて欲しい。大人でも個人的な悩みを簡単に他人に相談するかどうか? 自分の欠点を他人に言うかどうか? 大人でさえ自殺者が増加し、年間3万人以上が自殺している世の中だ。 子供だって簡単に自分がいじめにあっていると他人に相談するかどうか。
今日もバンキシャという番組を見たが、俺の反論と言うか批判を書く。まず、一番はあの親だ。あの遺書を読んで親はどう思ったのだろうか? まさかいじめにあって学校に殺されたと本気で思っているのだろうか? 同級生の名前をあげて『お荷物がこれで無くなる』と書いて有った様だが、これは明らかにバスケット部で自殺した子はお荷物だったのだろう。はっきり言うとバスケット部にいて欲しくない存在だったのだろう。 だとしたら彼女をバスケット部から早急に止めさせるべきと言う事を親は気付くべきだったのだ。それは逃げでも何でも無い。恐らく自殺した彼女は親に対してシグナルを送っていたはずだ。『バスケット部をやめたい』と相談したばすだ。少なくとも普通の親子関係ならば言うはずだ。問題はその時の親の反応だと思う。理由をしっかり聞いていれば、いじめの芽が有った事に気付くはずだし、他の部に移せば良いだけだ。
何故、俺が確信を持ってそう言えるのか・・・それは実際に俺の娘が、バレーボールをやり始めてすぐに同じ事が有ったからだ。最初は自分からバレーボールをやりたいと言って、ウェアやサポーターまで全部祖父にねだって、張り切っていた。それから暫くしたら元気がなくなってきた。その時に、
『お父さん、私バレーやめたい』『何でだ』『だって、邪魔だとか下手とか言われる』『そっか、じゃ明日やめて来い。それで問題が有る様ならお父さんが話しに行ってやる。自分に合う別の事をやれば良いさ』
というやり取りがあった。
その翌日には、すぐに元の元気な子に戻った。これは逃げでも何でも無い。合わないものは無理強いしてはいけない。合わない他人とは付き合わない。これは常識なのだ。ちなみにこの子は、私が高校生の時に殴って蹴った女の子だ。中学2年までは一緒に風呂にも入っていた。今も親子関係は上手く行っていると思う。
自殺した子の親はテレビに出てまで学校長に文句を言っていたが、親らしい事はしたのかな? 自分の子供の話は聞いたのかな?
厳しい事を言うようだけれど、子供が自殺してから、泣いたって子供は絶対に喜ばないし、親として尊敬はしてくれないよ。あの世で頼りにならない親だとしか思っていないと思うよ。つまり親として失格していたのだよ。まずそれを自覚して欲しい。
俺の子供が自殺したら、それは俺のせいだ。俺の育て方が悪かったのだ。俺は多分先生や学校や関係者に、迷惑をかけた事を謝罪すると思う。
自殺は殺人の一種だとするならば、それは最も愚かな自分で自分を殺すと言う行為なのだ。一番の犯罪者は自殺した本人だし、自殺する事は愚かな事だと言う事をしっかり子供に叩き込むべきだと思う。
学校で他の子供に実際に殺されたり事故で死んだのならば、それは明らかに加害者がいたり管理不足と言えるだろう。然し、部活内の仲間はずれは管理者の責任と言えるのだろうか? 仲間はずれにした加害者?のせいなのだろうか? どうも今一はっきりしない。 どの程度がいじめなのだろうか? 実際に体臭の有る子に『臭いからあっちに行け』と言うのはいじめなのだろうか? 太った子供に『豚みたい』と言うのはいじめなのだろうか? 体臭が有る子供なら、体臭がなるべく気にならない文化系の部活をさせるしかないだろう。 太っているなら食事を親も一緒に野菜中心に替えれば良いだろう。 親として本当に一緒に努力したのだろうか。
適材適所と言う言葉が有る。親として子供の適材適所を指導してやる必要も有る。
俺の子供は皆、学力は中の上位だと思う。だから俺は『学校の先生が進める学校よりワンランクからツーランク落とした高校に行け』と言った。そうすると高校ではトップクラスにいられる。非常に楽に勉強しているし、悩みも少なくなる。
親は一般的に自分の子供を自慢したがるものだ。それは俺も同じだけれど、同時に子供の実力以上の物を要求してはいけない。先生の言葉もある意味信用してはいけない。
各クラスのちょっとしたいじめについては、学校も教育委員会も全く知らない。知る方法も無い。クラス担任や親から報告が無ければ知っている訳もない。
俺の知っている限り、先生の人事権は実際には校長会と言う学校長の集まりの中で行われる。力の有る市部の校長から良い先生を取っていく。村部は引き取り手の無い余りの先生が来るのが一般的だ。(これは違う場合も有るのであしからず)
先生にはもの凄く個人的な能力差が有る。だから校長も良い先生が欲しいのは当然だろう。つまり先生にも当たり外れが有る。子供にとっては親も当たり外れが有る。学校自体にも当たり外れが有る。自殺してしまった子に取っては全てが外れだったのかも知れない。
自殺した後にら、騒いでも何にもならない。いじめの現象にいち早く気付き、その原因を除くか、逃げ出すかのどちらかしか無い。

hide0414をフォローしましょう
▼ランキング・人気投票・・・ご協力お願いします-(願)
Nagano Web RankingChamaSearch高原開発・長野県北信地方の不動産 に投票する人気サイト

written by kogen [いじめについて] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [トラックバック(0)

この記事へのトラックバックPingURL
 http://kogen.biz/msm/ms.cgi/TrackBack/1/zatsudan/ijime/1162724438 

2006年11月3日(金) 19:03

いじめについてカテゴリーを作りました。

昨日の夜、一家揃って居酒屋で食事をした。
その時に、うちの子供達がいじめに対して強い理由が解った気がした。
3人子供がいるんだけれど、お互いに悪口を言ったり、けなしたり、笑い合いながらからかっている。
そして、お互いに言い合うのに飽きると、今度は居酒屋の店員を見て3人で笑っているのだ。
それも、ほとんど服装や外見やしゃべり方について、笑いの種にしているのだ。
子供とは言っても、24歳・18歳・16歳になる。その年になってもそうなのだから、もっと小さい子供はもっと他人をからかって笑うのだろう。
そう言えば、俺も大学生の頃までは、良く他人を笑いの種にしていた気がする。恐らく俺自身も良く笑いの種にされていたのかもしれない。

皆で、他人を笑いの種にする事は、いじめなのだろうか・・・
ふっと、そんな気がして来た。
お互いにからかいあったり、悪口を言い合うのを止めたら、それは意外とストレスが溜まってしまう気もする。
逆にからかわれても、受け流したり、気にしないでもっと他の人を笑いの種にしてしまう方が楽なのではないか?
そんな気になってしまう。

最近は少子化が問題となっているが、兄弟の少ない子供は実際にからかわれる事に免疫が無いのでないだろうか?
うちの子供達の話を聞いていると、良くすねて泣き出さないなぁと心配する位に好き勝手にけなしあっている。
かと意って決して仲の悪い兄弟ではないのだ。もの凄く仲が良いのだ。仲が良いからこそ平気で言い合えるのだとも思う。
とにかく、お互いに悪気が無いのだ・・・それは俺が中学から大学時代でも同じだったと思う。その年代は他人の痛みと言うものをあまり考え無いで他人を笑いの種にする。
良く『箸が転がっても笑う』と言うがそれに近いかもしれない。それを怒ってみたところで深く潜って、陰で笑う事になるだけだろう。

そう考えると『いじめ』と言うか『笑いの種にされる』とか『悪口を言われる』とか『馬鹿にされる』とか『遊びで仲間はずれにされる』事に強い子供に育てる事は、大切な事だと思う。
『いじめ』というものの中味やキッカケを良く考えてみる必要が有ると思う。

hide0414をフォローしましょう
▼ランキング・人気投票・・・ご協力お願いします-(願)
Nagano Web RankingChamaSearch高原開発・長野県北信地方の不動産 に投票する人気サイト

written by kogen [いじめについて] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(4)] [トラックバック(1)

この記事へのトラックバックPingURL
 http://kogen.biz/msm/ms.cgi/TrackBack/1/zatsudan/ijime/1162548205 

<< 前のページ

■不動産屋の個人的雑談&日記ブログ■

MySketch Gallery 1.2.2 written by 夕雨