長野県須坂市の不動産業者です。長野県北信地方の不動産情報・須坂市・小布施町・高山村・中野・飯山・菅平・飯綱・黒姫・斑尾・その他北信地方全域
 賃貸アパート・マンション・賃貸一戸建て・賃貸業務用・駐車場・売り土地(分譲地・宅地・畑・田・工場用地)・売り建物(新築・中古住宅・業務用)・リゾート物件(別荘・ペンション)


  不動産の事なら ■(株)高原開発■ へ お問い合わせ下さい         >>>English Here<<<

 宅地建物取引業免許  長野県知事(12)第1139号    一般建設業・一般土木工事業許可  長野県知事(般−24)第7553号
 〒382-0076 長野県須坂市馬場町1230-48 高原開発ビル1F   電話:026-245-7516 FAX:026-248-1218


    ホーム物件検索無料情報配信登録情報ブログ会社案内個人情報保護相互リンクお問合せ不動産ブログ

  【■不動産屋の個人的雑談&日記ブログ■-日記 -■10月17日■秋のつるべ落とし・・・】

2006年10月17日(火) 17:36

■10月17日■秋のつるべ落とし・・・

本当に日が短くなりました・・・
朝夕の冷え込みも厳しくなって、夜寝るときは窓を閉めないと駄目ですね〜
夕方の5時半だと言うのに、外は暗くなってきました。
何か秋深し・・・と言うより、冬はすぐそこに来ている、そんな気配を感じます。
ついこの間まで半そでを着ていたと思うのですが・・・
上着なしだと寒く感じる様になりました。
日本の四季の移り変わりは結構激しいですね。
そう言えば・・・日本車の耐久性が良いのは四季があるからだと聞いた事が有ります。
もの凄く、湿気が有って熱い夏。雨が続く梅雨。もの凄く冷えて、雪の降る冬。
その全てに対応しなければならないので、自ずから耐久性の良い製品を作る必要性が有った・・・だから、日本車は耐久性が良かった。
今でこそ、欧州車や米車も電装関係は良くなったのですが・・・昔は夏場の湿気には故障続出でしたね。
最初にアウディーを買った時には、洗車した後にオートアンテナが動かなくなった事を思い出してしまいました。

■今日の仕事&来客
八田建設の社長&池田(息子)さん・・・今後の取引についての打ち合わせ
青木さん親子・・・賃貸の媒介契約書締結と現地にて打ち合わせ
賃貸物件を探しているお客さん。・・・あやすぃ〜?????
サイトを見て購入希望のお客さん・・・勤務先を変わって4ケ月だと住宅ローンは借りられません、これって、このブログでも書いておこうかな? 労金の勤続1年以上が一番短いと思う。それよりも短い住宅ローンは知りません。
宇田川さん・・・諸々
アスザックさん・・・倉庫の件で、明日現地で11時に打ち合わせの予定。

以上。

hide0414をフォローしましょう
▼ランキング・人気投票・・・ご協力お願いします-(願)
Nagano Web RankingChamaSearch高原開発・長野県北信地方の不動産 に投票する人気サイト

written by kogen [日記] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(2)] [トラックバック(0)

この記事へのトラックバックPingURL
 http://kogen.biz/msm/ms.cgi/TrackBack/1/nikki/1161074191 

この記事へのコメント

『車といえば・・・』

先般購入予定と申し上げましたが、結局suzukiのswift(1300cc 2WD)を購入しました。
本体価格は115万を切りました。それなのに、燃費計、イモビライザー、カーオーディオ、盗難防止アラームetc...と至れり尽くせりの装備です。
4年ほど前に1300ccのRV車を買ったときは、本体が160万位して、そんなものは何もついていませんでした。
車の電子周りがどんどん進化しているんですねー。ちょうど1000km乗りましたが感じ良い車です。

written by ryokutya  2006年10月18日(水) 11:37


hide0414をフォローしましょう

『軽より安い?』

どうしてなのでしょうか?
どう考えてもコストは軽の方がかかると思うのですが・・・

1300CC位が一番乗っていて、具合が良いかもしれませんね。
軽の利点は、駐車スペース(田舎だと関係ない?)と税金でしょうか。
この税金が魅力なのですが・・・
それと、売る時に値下がりしない事も魅力かも・・・

それ以外は絶対にコンパクトカーの方が良いとおもいます。

written by 管理人  2006年10月18日(水) 18:17


hide0414をフォローしましょう
■不動産屋の個人的雑談&日記ブログ■

MySketch Gallery 1.2.2 written by 夕雨