長野県須坂市の不動産業者です。長野県北信地方の不動産情報・須坂市・小布施町・高山村・中野・飯山・菅平・飯綱・黒姫・斑尾・その他北信地方全域
 賃貸アパート・マンション・賃貸一戸建て・賃貸業務用・駐車場・売り土地(分譲地・宅地・畑・田・工場用地)・売り建物(新築・中古住宅・業務用)・リゾート物件(別荘・ペンション)


  不動産の事なら ■(株)高原開発■ へ お問い合わせ下さい         >>>English Here<<<

 宅地建物取引業免許  長野県知事(12)第1139号    一般建設業・一般土木工事業許可  長野県知事(般−24)第7553号
 〒382-0076 長野県須坂市馬場町1230-48 高原開発ビル1F   電話:026-245-7516 FAX:026-248-1218


    ホーム物件検索無料情報配信登録情報ブログ会社案内個人情報保護相互リンクお問合せ不動産ブログ

  【■不動産屋の個人的雑談&日記ブログ■-交渉術】

<< 前のページ

2008年8月25日(月) 14:54

■交渉術について

※このエントリーについては、国際弁護士の矢部正秋氏の著書「ユダヤ式交渉術」からの引用が多分に御座います。

 昨日、中国での北京オリンピックは若干の問題も含みながらではありますが、一応無事に閉幕致しました。中国はこれからより一層の経済発展を遂げる事でしょう。そして日本はアメリカ一辺倒の外交から、中国とアメリカの狭間で生き残りをかけた外交を行う必要が出てくるでしょう。民間レベルでも、強かな中国人と交渉する必要が出てくると思います。その時にはきっとより国際的な交渉術も必要となる事でしょう。その時にはこのブログもちょっとは役立つかも知れません。

 ユダヤ系の世界的な金融財閥にロスチャイルド一族と言うドイツ・イギリス・フランス・オーストリアそしてアメリカでも力を持っている一族がいます。その系列グローバル企業は別エントリーに書きましたので参考にして下さい。矢部正秋氏の著書「ユダヤ式交渉術」は、このロスチャイルド一族とキッシンジャーの交渉術を中心にユダヤ格言集からの引用及び説明によって、ユダヤの交渉術のテクニックを解説しています。

 投資とか投機と言うと、日本ではハイリスク・ハイリターンと言いますし、世界的にもハイリスク・ハイリターンなのですが、ロスチャイルド一族は、この投資を上手くやる事によって、確実に儲けたり、節税する事を行って、莫大な財産を築いたものです。政治・・・場合によっては戦争資金を国家に貸す事さえ行ってきた訳ですが、負けた国からもしっかり儲ける事を行って来た訳です。
 日本も、日露戦争の時は、時の日銀副総裁の高橋是清が、このロスチャイルド一族から戦争資金を調達したのは、知る人ぞ知る話では有ります。そしてロシアにもこのロスチャイルド一族はバクー油田の利権を狙って深く関わっていました。つまり戦争を行う両国に関わっていました。これは、ロスチャイルド一族が大きく飛躍する元となった英仏戦争でも一緒です。イギリス・フランス両国に関わって大儲けしました。一説にはイスラエル建国時の二枚舌事件の裏にもロスチャイルド一族の意思が働いたとの話もあります。本当だとしたら国さえも創って儲けてしまったと言う事になります。
 ロスチャイルド一族は、一方だけにつく事はあまり行いません。これは今のヘッジファンドの考え方に良く似ています。そしてヘッジを上手く行うとバブルの崩壊みたいな時でも大儲けできる訳です。ロスチャイルド一族の凄い所は一国家を相手にしても儲けてしまう所ですし、その国家が経済的な崩壊を起こしてもそれを予見してしっかり儲けてしまう所です。そんじょそこらの企業とはちょっと違います。
 もちろん、先進国と言われる複数の国家さえ商売の相手としてしまう・・・それも対立する2国家間を上手く商売の種にしてしまうのですから、日本の企業とか金融機関は、全く歯が立たないと言った方が良いでしょう。でもロスチャイルド一族と同じ事は出来なくても、その手法や交渉術を少しは知っておく事は無駄にはならない筈です。

続きを見る・・・

hide0414をフォローしましょう
▼ランキング・人気投票・・・ご協力お願いします-(願)
Nagano Web RankingChamaSearch高原開発・長野県北信地方の不動産 に投票する人気サイト

written by kogen [交渉術] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [トラックバック(0)

この記事へのトラックバックPingURL
 http://kogen.biz/msm/ms.cgi/TrackBack/1/kosyo/1219643693 

<< 前のページ

■不動産屋の個人的雑談&日記ブログ■

MySketch Gallery 1.2.2 written by 夕雨