長野県北信地方の不動産情報・須坂市・小布施町・高山村・中野・飯山・菅平・飯綱・黒姫・斑尾・その他北信地方全域
  賃貸アパート・マンション・賃貸一戸建て・賃貸業務用・駐車場・売り土地(分譲地・宅地・畑・田・工場用地)・売り建物(新築・中古住宅・業務用)・リゾート物件(別荘・ペンション)


  不動産の事なら ■(株)高原開発■ へお問い合わせ下さい

  〒382-0076 長野県須坂市馬場町1230-48 高原開発ビル1F   電話:026-245-75816 FAX:026-248-1218

  【■不動産屋の個人的雑談&日記ブログ■】      >>>>>>  HOME  <<<<<<

名前

URL

タイトル

コメント

2011年5月25日(水) 10:42

■最近の弁護士さんときたら・・・

■地代の一方的な値上げの内容証明

つい最近、借地上の建物(住宅)所有者から、相次いで相談を受けた。
どちらも、借地を地主から買いたい旨の相談。

1件は、地主が弁護士に依頼して、一方的な地代値上げ要求の内容証明を送って来たのが発端。
これについては、至極単純で、私のアドバイスで拒否の内容証明を返送し、且つその内容証明に、出来れば借地を買いたい旨も書いて頂いた。

地代・家賃の変更は当事者双方の合意によってのみなされ、当事者の一方が拒否した場合は、司法の判断に委ねられる事になる。

然し、通常一般市民が、弁護士が最もらしい屁理屈をつけて、一方的な地代値上げの内容証明を送付して来たら、拒否出来るのだろうか?

疑問を抱くと同時に、弁護士(にもよるだろうが)って、こんな内容証明も、依頼が有れば書くと言う事を、改めて実感した次第である。


■弁護士はトラブルメーカー?

もう一件は、もっと疑問を抱いた。

通常、底地の買い取り価格は、単純に計算出来る筈だ。
路線価図と、借地権割合。
それに、プラス要因、マイナス要因を加味するだけ。
場合によっては、不動産鑑定士に鑑定を依頼したり、
不動産業者に相場を確認したりする。
まぁ、我々不動産業者に言わせたら、イロハのイだ。

ところが、弁護士(にもよるだろが)に相談したら、
そんな単純な事は言わなかったらしい。

具体的な内容は割愛するとして、
わざとトラブルを起こして、弁護士の出番を増やして、
お金を稼ごうとする魂胆が見え見えで、卑しい限りの内容だった。

善意に解釈するとしても、
まさか、弁護士が底地や借地権割合について、知らないと言う事も無いと思うが・・・?
得手不得手が有るとしても・・・ちょっと疑問だ。
と言うか、知らなかったら、
『その分野は不得意です』
と言っちゃったら?

まあ、どんな理由にせよ、
これでは、弁護士自身の品格(そんなものが有るのか疑問だけど)を、
下げる事になるって事を自覚して欲しいと思ったりした。

hide0414をフォローしましょう
▼ランキング・人気投票・・・ご協力お願いします-(願)
Nagano Web RankingChamaSearch高原開発・長野県北信地方の不動産 に投票する人気サイト

written by kogen [雑談コーナー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [トラックバック(0)

この記事へのトラックバックPingURL
 http://kogen.biz/msm/ms.cgi/TrackBack/1/zatsudan/1306287764 

■不動産屋の個人的雑談&日記ブログ■

MySketch Gallery 1.2.2 written by 夕雨