長野県北信地方の不動産情報・須坂市・小布施町・高山村・中野・飯山・菅平・飯綱・黒姫・斑尾・その他北信地方全域
  賃貸アパート・マンション・賃貸一戸建て・賃貸業務用・駐車場・売り土地(分譲地・宅地・畑・田・工場用地)・売り建物(新築・中古住宅・業務用)・リゾート物件(別荘・ペンション)


  不動産の事なら ■(株)高原開発■ へお問い合わせ下さい

  〒382-0076 長野県須坂市馬場町1230-48 高原開発ビル1F   電話:026-245-75816 FAX:026-248-1218

  【■不動産屋の個人的雑談&日記ブログ■】      >>>>>>  HOME  <<<<<<

名前

URL

タイトル

コメント

2007年3月9日(金) 19:46

■3月9日■日本人ってくそ真面目過ぎない?

まぁ、言いことなんだけれどさぁ・・・
ギブ&テイクは人間が生きていく上で必要な事だと思いますし、これは国と国の関係でも一緒なんですね。
逆に言えば、ギブの無い国にテイクさせてやる必要は全く無い訳です。
もっと、日本は自国の利益=日本国民の安全と利益について、真剣に考える必要が有る様な気がするのですが・・・
日本の外交を見ていると、その点をはっきり事務レベルで言っているかどうか・・・何時も疑問に思ってしまいます。
北朝鮮に対しても、確かに拉致問題の解決を基本にする必要はあるのでしょうが・・・
どうも、日本外交は順番が逆の様な気がします。
例えば、拉致問題が解決したら、数百万トンの食料支援をしますよ・・・みたいな交渉をしているのかどうか?
もっと言うと、核を廃棄し、拉致被害者の消息をはっきりしてくれたら、6ケ国で一番多くの支援をしましょうとか・・・
約束は国対国の場合は、インネンをふっかけて破ったって、罰則規定が有る訳じゃないし・・・特に北朝鮮みたいに約束を守らない国に対しては、こっちも約束なんて守る必要もないと思いますよ。
だから、もっと適当と言うか鈍感力と言うか、交渉しても良いと思うんですよね。

例えは悪いけれど、腹をすかした犬にえさを見せて、こっちの言う事をきかせる位の事はやっても良いんじゃないかなぁ?
えさも見せないで、こっちの言う通りにしろって言ってもねぇ・・・犬だって言う事はきかないと思うのだけれど・・・
言う事をきちんと聞かなければ、見せたエサを与えなければ良いだけだと思うのだけれど・・・
日本は、拉致に対して神経質になり過ぎだと思う。
確かに、拉致問題の解決は大事だと思う。
でも、極端な話ですよ、太陽政策なんて取らなくても、こっちに来れば暖かいよ〜みたいな、ストーブ政策を取れば良いと思うのだけれど?
それで言う事を聞かなかったらストーブを消しちゃえば良い訳で・・・
その程度の交渉術は、日本は持っても良いと思うのだけれど?
何も、そんなに生真面目に約束だから守らなくちゃいけないって事でもないし? もっと言うと相手国が約束を破ったからと言って、怒って見ても始まらないしねぇ。
もっと、臨機応変じゃないと、安部内閣は終わっちゃうと思うのだけれど?
交渉も出来ない子供じみた国と言われない様に頑張って欲しいよなぁ。

■今日の仕事&来客
宇田川さん・・・土地の件、アパートの件
神林さん・・・中古物件についての報告兼新規顧客の客付依頼
山下さん・・・物件の確認
日豊へ物件資料をFAX
ペンションに電話して所在地をFAXしてもらう。
お昼・・・杜乃蔵へ食事に行く・・・帰りに不動産物件を3件下見してくる。
関さん・・・売り土地の資料と現地の下見

明日は、資料の整理とDBへ2件アップの予定。

以上

hide0414をフォローしましょう
▼ランキング・人気投票・・・ご協力お願いします-(願)
Nagano Web RankingChamaSearch高原開発・長野県北信地方の不動産 に投票する人気サイト

written by kogen [日記] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(2)] [トラックバック(0)

この記事へのトラックバックPingURL
 http://kogen.biz/msm/ms.cgi/TrackBack/1/nikki/1173437208 

この記事へのコメント

『ともかく』

外務省・政治家は仕事をしろ!とこれを言いたいですね。
外務省の動きよりも、拉致被害者家族がしている政治活動や外交が目立っている事実。
彼らはもともとは外交のプロではなく、税金を払っている側。
それが税金をもらっている専門職よりも動いている(ように見える)。
たとえるなら、身内を殺された家族が、自ら犯人を捕まえるようなものです。

とにかく政府には、「ちゃんと考えて仕事をしろ」それを言いたいですね。





written by ryokutya  2007年3月12日(月) 16:25


hide0414をフォローしましょう

『小泉さんの良い所は・・・』

ちょっと、適当な所だったと思います。
とりあえず、約束だけはやっといて、相手の出方によって、態度を変えちゃう所ですね。
外交とか、交渉はそれで良いと思うのですよ。
相手が約束を守ったら、こちらも約束を守れば良いだけだと思います。
真面目な相手には、真面目に接し、
嘘をつく相手には、こちらも約束を実行しないだけ・・・
それで良い訳ですね。

北朝鮮には、食料でも燃料でも、沢山やるよ・・・
でも、北朝鮮に拉致被害者の実態調査団を送らせて、もっと詳しく調べさせろ・・・
それも、外交官じゃなく、調査のプロの警察関係者とか?
できれば、嘘発見器を使わせろとか・・・
最初から、『拉致問題が解決しないと、支援しない』と言うのは、
北朝鮮に対して、喧嘩を売っているみたいなもんだと思いますが・・・
相手だって『そんなもの知らん』って言って来るに決まっていますよ。
だって、喧嘩で言えば、『先に謝れ』って言ってるのと同じでしょ。

日本が喧嘩を売っても、実際には力は無いのと同じで・・・
例えは悪いかも知れませんが、喧嘩をした事の無い弱い金持ちのボンボンが喧嘩を売っている様なものですから、怖くも何とも無い訳ですから・・・
日本も、その点は自覚すべきだとは思います。
多分、今の自衛隊じゃ、米軍の応援なしに、北朝鮮に攻め込まれたら、負けると思うのだけれど・・・
『敵が攻撃してきました。撃ち返して良ろしいでしょうか?』
『まて、総理官邸に確認する』
『あっ、敵の砲弾が命中しました』
『まだ、官邸とは連絡が取れないのか』
『沈没します、ぶくぶく・・・』
なんてのが自衛隊の実態だと思うのだけれど・・・
現場での独自の判断での指揮権って自衛隊には無い気がするんだけれど?
違うのかなぁ?

written by 管理人  2007年3月12日(月) 19:27


hide0414をフォローしましょう
■不動産屋の個人的雑談&日記ブログ■

MySketch Gallery 1.2.2 written by 夕雨